Top >  ダンスとは >  ブレイクダンスの基本

ブレイクダンスの基本

1970年頃~1985年前後までのヒップホップにおけるストリートダンスの中に、ブレイクダンスというスタイルがあります。
「B-boying」というのが、ブレイクダンスの正式名称なのです。
B-boyingを踊る人を、B-boy、B-girlと言います。
この「B」に込められた意味には、「ブレイクビーツに合わせて踊るダンサー」とか「ブレイクダンス発祥の地がブロンクス地区だから」・・・といった諸説があるのですが、正確なことは判明されていません。
ただし、B-boy、B-girlの「B」が、BADやBLACKの「B」でないことだけは間違いありません。
右ひじ(左ひじ)を脇腹より少し内側にあて、右手(左手)と頭とを床につき、両足を上げて身体を支える・・・この動きが「チェアー」と呼ばれる、ブレイクダンスの基本テクニックです。
身体を両腕だけで支えて静止するチェアーは、「フリーズ」というテクニックグループの一つになります。
名前が現しているように、身体の動作を静止(凍結)するという手法が、フリーズと呼ばれているのです。

 <  前の記事 ダイエットにも良いダンスとは  |  トップページ  |  次の記事 ブレイクダンスのテクニックとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/2080

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「世界の素敵なダンス」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。