Top >  ダンスとは >  自由なストリートダンス

自由なストリートダンス

路上において踊るということから誕生した「ストリートダンス」は、オールド・スクール、ミドル・スクール、ニュー・スクールという3つのスタイルに分類できます。
ディスコダンスとも呼ばれるオールド・スクールには、ブレイクダンス、ロックダンス、ポップダンス、ソウルダンス、パンキングが含まれます。
ミドル・スクールには、I.S.D、ビバップ、ニュー・ジャック・スウィング、ホーシングが含まれます。
有名なMCハマーが踊っていたのは、I.S.Dです。ヒップホップなど、現代に入ってから編み出されたスタイルは全部、ニュー・スクールと呼ばれます。
人の動きを真似ることなく、個人個人の独自性や独創性が重視されるのがストリートダンスの特質ですから、100人集まれば100通りのスタイルが認められるほど、人それぞれが思いのままに音楽を体現するのです。
ダンサーたちが最も思い通りの表現が可能な場所と言えば、クラブ(以前はディスコと呼ばれていた)ではないでしょうか。

 <  前の記事 ダンスシーンが印象な映画とは  |  トップページ  |  次の記事 ストリートダンスとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/2092

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「世界の素敵なダンス」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。