Top >  ダンス関連 >  スクエアダンスの発祥と現況

スクエアダンスの発祥と現況

17世紀の初頭にヨーロッパ各地からアメリカに移り住んできた人たちによって、イギリスのコントラダンスやフランスのカドリールをアレンジして編み出されたのが「スクエアダンス」です。
第二次世界大戦が終わってから10年ほどの期間で、スクエアダンスは現在のスタイルであるモダンスクエアダンスに進展しました。
4組のカップルが1セットになって、Caller(コーラー)の指示通りに踊る形式が、スクエアダンスと呼ばれているものです。
アメリカで誕生した愉快なフォークダンスの一つとして、進駐軍民間教育担当官のニブロという人が、戦後の日本にスクエアダンスを伝えたのです。
アッと言う間に、日本国中に広まり、受け入れられました。
現在では、アメリカを始め、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、スウェ一デン、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、台湾、韓国、日本など、世界中のあらゆる国で愛されるようになりました。

 <  前の記事 ソウルダンスとは  |  トップページ  |  次の記事 スクエアダンスとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/2064

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「世界の素敵なダンス」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。