Top >  ダンス関連 >  競技ダンスでもある社交ダンス

競技ダンスでもある社交ダンス

競技ダンスとも呼ばれている「社交ダンス」には、10種目の競技があります。
ヨーロッパの宮廷ダンスの流れを汲む「スタンダード(男女が向かい同士になって組み合ったまま踊る)」には、タンゴ、ワルツ、クイックステップ、スローフォックストロット、ウィンナーワルツという5種目があり、イギリス人によって南米のダンスがアレンジされた「ラテン・アメリカ
ン(組み合ったり離れたり自由なスタイルで踊る)」には、サンバ、ルンバ、チャチャチャ、ジャイブ、パソドブレの5種目が含まれます。
以前「ウッチャンナンチャンのウリナリ」というテレビ番組で「芸能人社交ダンス部」が放送され、競技ダンスが日本中に知れ渡ることになりました。
このウリナリの「芸能人社交ダンス部」という企画は人気となり、その後ダンスメンバーも増え、何ヶ月かに1度TVで放送されることとなりました。

 <  前の記事 社交ダンスはソーシャルダンスではありません  |  トップページ  |  次の記事 詳しい競技ダンスの内容  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/2071

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「世界の素敵なダンス」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。