Top >  ダンス関連 >  ブレイクダンスのテクニックとは

ブレイクダンスのテクニックとは

ブレイクダンスの基本のテクニックとは、右ひじ(左ひじ)を脇腹より少し内側にあて、右手(左手)と頭とを床につき、両足を上げて身体を支えるチェアーなのです。
また、ブレイクダンスのテクニックの中に、体の動きを静止(凍結ともいいます。)する手法があります。
これがフリーズとよばれている手法なのです。
このフリーズの他に、ハローバック、マックスといったテクニックがあります。
とても目立たないイメージを受けるかもしれませんが、「ブレイクダンスを習い始めた初心者であれば、チェアーのトレーニングをするべきだ」と言われるくらい、ブレイクダンスの基本として欠かすことのできない技なのです。
また、パワームーブ系の技の一つである「ウインドミル」というテクニックは、ブレイクダンスの代表的なテクニックです。
脚を地面につけることなく、背中と肘で身体を回転させるパワームーブは、ブレイクダンスの初心者にとって最初の難関であると言っても過言ではありません。

 <  前の記事 ブレイクダンスの基本  |  トップページ  |  次の記事 音楽を作り出すタップダンス  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/2081

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「世界の素敵なダンス」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。