Top >  ダンス関連 >  レゲエダンスの肝心な役目とは

レゲエダンスの肝心な役目とは

レゲエミュージックに合わせて、身体をくねらせるためには、肝心な役割を果たすのは身体の軸なのです。
そのためには、背筋や腹筋といった身体の幹部を鍛錬しなければなりません。
また、レゲエダンスの最大の特徴とも言える、アクロバティックな倒立をするためにも、鍛錬された背筋や腹筋がかなり重要なポイントになります。
妖艶さをアピールするために脚を全開させる開脚には、優れた柔軟性が欠かせません。
股関節の柔軟性が高まれば、お尻から太ももの裏側にかけての範囲が広がりますから、下半身のシェイプアップにも威力を発揮してくれます。
レゲエダンスをすることによって、確実に健康的で綺麗な身体が実現されるはずです。
逆に言えば、健康的で綺麗な身体でなければ、レゲエダンスは踊れないのです。
魅力あふれるプロポーションを手に入れるためにも、レゲエダンスを踊って、身体能力を強化しましょう。

 <  前の記事 レゲエダンスが女性を虜にする理由  |  トップページ  |  次の記事 映画ブレイクダンスの見どころ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/2085

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「世界の素敵なダンス」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。