Top >  ダンス関連 >  ブレイクダンスブームが起きたのは

ブレイクダンスブームが起きたのは

ブレイクダンスブームを巻き起こしたのは、「ブレイクダンス」とよばれる映画が1984年に公開されたことからです。
クラフトワークの名曲ツールドフランスの爽快なリズムが流れる、ブガルーシュリンプがホウキを使ってポッピングを踊るシーンでは、とてもワイルドなアニメーションが味わえます。
マイケルジャクソンにダンスを教えていたという敵役のポッピンタコの威圧的なスタイル、本当に電流が走っているように見えるウェーブ、腕組みしている状態からいきなり蛇のように噛み付いてくる「キングコブラ」と呼ばれるアニメーションテクニック・・・、他ではお目にかかれない非常に珍しいダンスシ
ーンがたくさん見られるのです。
カット割が少なく、固定カメラでの撮影が多く取り入れられているので、すごく見やすい作品に仕上がっています。
練習風景やレクチャーシーンもいろいろと見られますから、ポッピングを習得しようとしている人には、おススメの作品です。

 <  前の記事 映画ブレイクダンスの見どころ  |  トップページ  |  次の記事 セクシーなポールダンス  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/2087

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「世界の素敵なダンス」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。