Top >  ダンス関連 >  ダンスシーンが印象な映画とは

ダンスシーンが印象な映画とは

ダンスシーンが印象に残る映画といえば・・・Dance With Meではないでしょうか。
Dance With Meは始めから終わりまでダンスシーンが満載された、ダンスの大会をテーマにした映画です。
素晴らしい踊りを披露してくれる、ヴァネッサ・ウィリアムズとプエルトリコ出身のチャヤンは吹き替えなしで、本人自身が踊っているそうです。
サルサの軽やかなリズムに合わせて踊る二人には魅了されてしまいます。
無名のダンス教室での週末のダンスパーティがクローズアップされていて、大会を目指して黙々と練習に励むダンスシーン、大会の日のダンスの場面・・・どのダンスシーンも素晴らしいものばかりです。
そして、ダンシング・ヒーロー。
ダンシング・ヒーローは、ダンスの大会を目指して、日夜、練習に打ち込むカップルを描いた作品です。
次に、微笑みをもう一度は、ジャズマンとしても有名なハリー・コニック・Jr.とサンドラ・ブロックが、カントリーミュージックを思わせる音
楽に合わせて、軽やかに踊るシーンが印象的です。
最後にダンス・ウィズ・ミーですが、ダンスに人生を賭けたシングルマザーに、キューバからやって来た純朴な青年が恋に落ちてしまう、という物語です。

 <  前の記事 ダンスシーンが印象に残る映画  |  トップページ  |  次の記事 自由なストリートダンス  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/2091

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「世界の素敵なダンス」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。