Top >  ダンス関連 >  イスラエルの歴史とフォークダンス

イスラエルの歴史とフォークダンス

フォークダンスの曲の中でも、オクラホマ・ミキサーやジェンカと同様に必ず踊られることから、マイム・マイムも広く知られている曲であると思われます。
マイム・マイムのCD(レコード)のジャケットには小さく「イスラエル民謡」と記されていますから、知っている方もおられるでしょうが・・・。
マイム・マイムという曲は、イスラエル民謡なのです。
ところで、この曲の歌詞が意味するところを知っているでしょうか?
マイム・マイムのマイムは、ヘブライ語で「水」を表しています。
したがって「マイム・マイム・マイム・マイム・マイム」という箇所は、「水・水・水・水・水」と歌っていることになります。
最後に出てくる、お馴染みの「ベッサンソン♪」というフレーズは、ヘブライ語で「喜びを持って」を表します。
ですから「マイム・マイム・マイム・マイム・マイム・ベッサンソン♪」という箇所は「水・水・水・水・水(が出て)嬉しいな♪」と歌っているのです。

 <  前の記事 SHALL WE DANCE?の内容とは  |  トップページ  |  次の記事 マイム・マイムとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/2096

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「世界の素敵なダンス」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。