Top >  ダンス関連 >  素敵な映画『SHALL WE DANCE?』

素敵な映画『SHALL WE DANCE?』

1996年に公開された周防正行監督による「Shall We ダンス?」という映画は、アメリカでリメイクされ2004年に『SHALL WE DANCE?』という題名で公開されました。
遺言書の作成を専門にしている弁護士であるジョン・クラークは、キャリア・ウーマンの奥さんと二人の子供と共に、不満の無い平凡な生活を送っていました。
ある日、職場からの帰りの電車の窓からぼんやり外を見ていたら、素敵な女性がとあるダンス教室の窓辺で佇んでいる姿に目が止まりました。
やがて誘われるように、彼はそのダンス教室に足を運ぶのです・・・。
このようにして物語が始まっていくのです。
『SHALL WE DANCE?』では、役所広司の主役をリチャード・ギアが演じ、草刈民代のヒロインにはジェニファー・ロペスがキャスティングされ、まさにアメリカのトップスターが揃いました。
これだけでも、驚かされるのですが・・・。
かつらがとれてしまう竹中直人のおなじみのシーンまできっちりと再現され、物語も全く一緒で、同じカットもたくさん使用されています。

 <  前の記事 ストリートダンスとは  |  トップページ  |  次の記事 SHALL WE DANCE?の内容とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/2094

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「世界の素敵なダンス」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。